これまでの経歴を紹介します(理学療法士 濱口)

はじめまして。理学療法士の濱口です。

本日より「『看護の王国』 訪問看護ステーション鶴見」で働くことになりました。よろしくお願い致します!

本日は、ご挨拶を兼ねて、私のこれまでの経歴を紹介させていただきたいと思います。

高校までサッカーをやっていて、スポーツのケガや故障などの際にお世話になる理学療法士という仕事については、当時から知っていました。

実際に理学療法士の資格を取ろうと思ったきっかけは、祖父母が脳梗塞になったことです。

当時勤めていた名古屋の自動車関連の会社を退職し、専門学校で資格を取得しました。その後、渋谷区の回復期リハビリテーション病院で、リハビリに携わってきました。


当時、自分は病院の近くに住んでいて、退院された患者さんが町で買い物をしている姿、自立して生活されている姿を、たまたま目にすることがあったんです。

それがとてもうれしくて、次第に、患者さんの日常生活に直結するような、日々の生活の質を上げることのできるリハビリを行いたい、と考えるようになりました。

訪問リハビリでは、患者さん一人ひとりの生活スタイルを尊重し、より生活がしやすくなるリハビリを提案していきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。