訪問看護ステーションにおける新型コロナウィルスへの対策について

こんにちは。ケイスラッシュ代表の長谷川です。

新型コロナウイルス感染症は、一時期落ち着きを見せていましたが、寒さや乾燥とともに全国的に再び感染者数が増加しています。

本日は、この状況を踏まえて『看護の王国』訪問看護ステーション鶴見の「新型コロナウィルス対策」をお知らせいたします。

訪問看護における新型コロナウィルスへの対策

『看護の王国』訪問看護ステーション鶴見では、新型コロナウイルスに対し、当初から感染症対策として、スタッフ全員の出社時の検温を記録、体調管理、不要不急の外出、マスク常時着用、訪問時サービス提供前後の手指消毒、ステーション内の常時換気などに努めてまいりました。

しかし新型コロナウイルス感染状況はまだまだ予断を許さない状況です。今後以下のように更なる感染防止の徹底を行っていきます。

徹底事項

・スタッフの体調管理及び出勤前のスタッフ全員の検温

・マスクの着用

・うがい、手洗い、手指消毒の徹底

・窓の開放や換気扇を使用した換気

・ソーシャルディスタンスを配慮したデスクの配置

・毎日コロナに関する情報共有・注意喚起を行う。

ご利用者様への対応

・訪問前に検温・体調確認を電話で行ってから訪問する

・訪問前に都度ユニフォームに消毒液を噴霧する。

・咳や発熱がある場合は、利用者・家族もマスク着用するよう依頼する

・手洗い・消毒は利用者、家族の前で見せながら実施する。手洗い用の液体石鹸は持参する

事業所環境整備

・床、ドアノブ、テーブル、コピー機など皆が触れる場所は次亜塩素酸を希釈し、朝夕二回清拭する

・スタッフミーティングを開く際は、換気に注意する

・事務所の同じ部屋に複数人が入らないように座席の動線を変更する

・使用機材(聴診器やサチュレーションモニター等)は、使用の都度、消毒する

ご自宅で簡単に出来る高齢者向けの運動方法を記した冊子をお配りしております

また新型コロナウィルス感染の広がりで外出も減り、不安を抱えながら在宅で過ごす人は少なくありません。

そこで、在宅で低下しがちな筋力トレーニングを目的としたカリキュラムを当ステーション所属の理学療法士が作成し配布しております。

「高齢者のためのおうちトレーニング<あし編>」

「高齢者のためのおうちトレーニング<かた・うで編>」

という2冊の冊子を作成し、近隣のケアマネージャーさんにお配りしています。

(※家で運動されるときは、無理をしないこと、できるだけ家族などの見守りのもと行うことがとても大切です。)

直営施設においても様々な感染症対策に取り組んでおり、今後、より一層の対策に努めて参ります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。